引き寄せ隊

ひたすらに引き寄せのための画像や動画、本、アイテムなどをうpしていくブログ。
 

2014年01月04日

風水における鏡の使い方

img63787475.jpg
鏡は昔から、悪いエネルギーを跳ね返す風水の道具として扱われてきました。
そのため、家の外にかけるのが正解、と多くいわれていました。

しかし、風水における鏡の扱いというのは難しく、不幸と共に幸運も跳ね返してしまう作用があったりもします。

飾る場所や方向、その鏡に映り込む物にも気を使うべき、風水アイテムです。


風水アイテムとしてはとても強力なアイテムですので、正しい使い方・NGな使い方を各ポイントでまとめましたので、参考ししていただければ幸いです。



・鏡でトイレなどを映さない
風水上、トイレは不浄なものと扱われています。
その不浄なところを映すような飾り方はNGです。
風水の本などで「トイレに鏡を飾ると良い」という意見もありますが、方向などが難しく、安易に飾るべきではないです。


・外が見えるところに飾る
家の中に奥行を感じさせるような飾り方が効果が高いと言われています。
窓から外の自然の景色が見えるような部屋であれば、その景色が映り込むような位置に飾るとよいでしょう。
ただし、玄関に飾る時には外が見えるように飾るのは控えてください。外からの運気を跳ね返してしまいます。


・寝室に鏡は置かない
寝室の鏡はNGです。
「深夜に鏡に寝姿が映ると魂が抜き取られる」とも言われています。
また、寝室に鏡があると家族間の問題が発生しやすいとも言われています。


・玄関に鏡を飾るときは、玄関のドアを映りこまないように飾る
ドアの正面に鏡を飾るのは、ドアから入ってくる不運を跳ね返してくれる作用はありますが、それと同時に幸運も跳ね返す作用があります。
飾る時には必ず側面の壁に飾りましょう。
風水では反時計回りが気の流れを表しているので、玄関を外から見て右側が気の通る道です。
この位置に鏡を置くのが最適です。
また、玄関に窓がある場合は、その窓を鏡に映さないようにすることも注意してください。


・合わせ鏡はNG
合わせ鏡は気が往復して停滞してしまうためNGです。
昔からの言い伝えで、合わせ鏡は異世界への入口と言われており、不吉ともされているものですので注意してください。


・請求書、火・古新聞などを映さない
風水における鏡の役割は、パワーを倍増させることにあります。
倍増させたくないものを写すのはよくありません。
請求書を映せば請求書が増え、火を映せば火災を呼び込み、古新聞を映せば過去にとらわれる…良いことはないですよね?


・ダイニングの鏡は陽の気を高める
壁掛けの鏡は特に家族の集まる場所、ダイニングにあると風水の恩恵が高いです。
食事をするごとに鏡が陽の気を倍増すると言われています。
効果がきわめて高い風水です


・割れた鏡、汚れた鏡を飾らない
風水上良くないのもありますが、まず割れている時点で危ないですし、汚れていては印象も悪いです。
必ずピカピカの清浄な状態を保ちましょう。


→《おしゃれな壁掛けミラーを厳選!色鮮やかなアジアン壁掛けミラー
ラベル:風水
posted by ぴよ at 11:17| Comment(0) | 風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。